弘前・西北五地域消防通信指令事務共同運用に関する覚書を締結しました

 1月17日(月)に東消防署2階多目的室において、「弘前・西北五地域消防通信指令事務共同運用に関する覚書締結式」を行いました。

 弘前地区消防事務組合、五所川原地区消防事務組合及び鰺ヶ沢地区消防事務組合(以下「3消防本部」。)が119番通報の受信や出動指令を行う業務を共同運用することで、住民サービスの向上、災害対応力の強化、経費縮減が期待できます。例えば救急車が他管轄の市町村の医療機関に搬送し、帰署途上で災害現場に遭遇した場合、最先着できる隊に出動指令を行う「直近指令」が可能となるほか、出動隊がなくなった場合に3消防本部の境界に面した一部地域においては、他消防本部の隊に直接出動指令を行うことも可能になります。令和4年4月の協議会発足に向け今後様々な事務調整を進めて行きます。

締結式の様子

 

 署名

 3消防本部管理者 署名

 

 挨拶

 弘前地区消防事務組合管理者 櫻田 宏 挨拶

 

 記念

 記念写真