当事務組合職員による外付けハードディスクの紛失について

 このたび、当事務組合職員による個人情報を含む行政情報を記録した外付けハードディスクの紛失がありました。現在、多方面から調査を進めているところですが、地域住民の皆様に不安を与えてしまったことについて深くお詫びいたします。その概要等について、下記のとおりお知らせいたします。

 

概要

 当事務組合職員が業務に使用している個人情報を含む行政情報を記録した外付けハードディスクを紛失したものです。令和2年11月11日(水)から11月15日(日)の間に紛失したもので、紛失日時については特定できておりません。11月19日(木)に当該職員の所属上司に報告があったもので、11月20日(金)に弘前警察署へ遺失届出をしていますが、11月27日(金)午前中の時点で外付けハードディスクの発見には至っておりません。

個人情報の種類について

 火災調査書類作成の経過で収集された個人情報(氏名、生年月日、住所、電話番号)が記録されております。11月27日(金)午前中の時点では、第三者による個人情報の不正利用等は確認されておりません。

対策

⑴ 個人情報が特定されました6名に対しては訪問のうえ、経過説明と謝罪を行っております。

⑵ 紛失事案発生と情報の取扱いを含めた再発防止の周知を行っております。

再発防止策

 消防次長を委員長とする情報セキュリティ委員会において、情報管理のあり方などを含め再発防止策を早急に検討します。

問い合わせ先

担当 消防本部通信指令課

電話 0172-32-5101

FAX 0172-33-0119

メールでのお問い合わせ(このお問い合わせからは通報を受信できません)