蛍光ランプ交換時における注意喚起について

 

 昨年実施されたCOP5(水銀に関する水俣条約第5回締結国会議)において、令和9年12月末までにすべての一般照明用蛍光ランプの製造・輸出入を禁止することが決定され、日本国内においても同様の対応が取られることとなります。

 これに伴い、一般照明用蛍光ランプの代替品として交換用のLEDランプが流通・販売されるようになってきていますが、既設の照明器具との組み合わせが不適切の場合、発煙発火及びランプの落下等の重大事故につながる恐れがあるため、ご自身で使用する照明器具について、交換作業など行う際は注意してくださるようお願いします。

 

 詳しい内容については、一般社団法人日本照明工業会の公式ホームページをご覧ください。

 https://www.jlma.or.jp/anzen/chui/index.htm

 

 

蛍光ランプ交換に関する安全啓発リーフレットPDFファイル(2151KB)

問い合わせ先

担当 消防本部予防課

電話 0172-32-5104

メールでのお問い合わせ(このお問い合わせからは通報を受信できません)

ページの先頭へ

ホームへ戻る