スプレー缶のガス抜き作業は屋外で!

 平成30年12月16日、北海道札幌市豊平区平岸で爆発事故と思われる火災が発生し、飲食店や不動産業者等が入居する2階建ての建物が炎上、倒壊しました。この爆発火災により42名もの重軽傷者が発生し、付近住宅のガラスも割れるなど市民生活に影響が出ています。

 この火災の原因は、スプレー缶100本以上のガス抜き作業中に発生したと考えられており、現在、警察及び消防で原因調査中です。

 スプレー缶に入っている可燃性ガスは空気より重いので、換気扇を回しても床の方に留まる危険性があります。ガス抜き作業は必ず『屋外』で行うようにして下さい。

 

※全国的に防虫、消臭、除菌、冷却スプレー等からの出火が相次いでいます。これからの季節は特に、暖房器具周囲での輻射熱によるスプレー缶破裂事故が、昨年度、当消防本部管内で発生していますので注意して下さい。